美白効果の高い薬品

美白効果の高い薬品

美白効果の高い薬品

美白効果の高い薬品


日本では現在、薬事法によって、
化粧品に使用できる成分が規定されています。
ですから、美白を謳っている化粧品だとしても、
その効果は目をみはるものではありません。
それに比べて、皮膚科で処方されるものには、
具体的な効果が期待できるといわれています。
中でも、アメリカでは以前から使用が認められていた
「ハイドロキノン」が日本でも
認可されるようになったことから、
より大きな期待が寄せられています。
ハイドロキノンは、お肌の漂白剤ともよばれており、
美白効果が認められている唯一の成分になります。

化粧品に使われている美白成分である
「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」の約100倍の
美白効果があるといわれており、
メラニン色素を生成するために必要な酵素
「タイロシネーズ」の働きを抑制してくれるといわれています。
しみの予防だけではなく、
できてしまったしみに対しても、
メラニンを分解、破壊する効果が期待できるということです。
すでにできてしまったしみに効果がある成分は、
現在のところ、ハイドロキノンだけになります。
しかし、ハイドロキノンは、美白効果が期待できるかわりに、
お肌に非常に強い刺激がありますので、
濃度に注意しなければなりません。
皮膚科で処方される場合には、
だいたい4〜5%くらいのものが多く、
それ以上になると刺激が強すぎて
逆効果になるといわれています。