美白スキンケア商品

美白スキンケア商品

美白スキンケア商品

美白スキンケア商品


美白を謳った化粧品は非常に多く出回っていますが、
多くのものは、メラニン合成酵素である
「チロシナーゼ」の活性化を抑制する働きを持つものであり、
予防的な効果を狙ったものです。
現在厚生労働省で認可されている美白成分は、
「持続性ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」
「コウジ酸」「アルブチン」となっています。
最近では、アルブチンの約100倍といわれる
美白効果がある「ハイドロキノン」の使用も
許可されるようになり、期待が集まっています。
これらは、テレビCMや雑誌などでも


よく見かける成分であり、それぞれ働きが異なります。
「持続性ビタミンC誘導体」は、安定性が高いため、
皮膚の内部にとどまることができるので
メラニン色素を薄くするのに効果が期待できます。
「プラセンタエキス」は、豚の胎盤を利用したもので、
お肌の代謝を高めて、メラニン排出に役立つということです。
そして「コウジ酸」と「アルブチン」は、
メラニン合成酵素を抑制してくれます。
美白成分の中では、「ハイドロキノン」が
最も効果が期待できるといわれており、
美容液が人気となっているようです。
しかし、濃度が濃いからといって美白効果が高いとは限りません。
過剰配合のものは、お肌に吸収されないばかりではなく、
トラブルの原因となることもありますので注意が必要です。