美白とは

美白とは

美白とは

美白とは



美白というと、白く美しいお肌を連想しますね。
しみやくすみのないお肌は誰もがあこがれる理想のお肌です。
一時期、小麦色のお肌が流行ったときもありましたが、
現在では、白く透明感のあるお肌が求められています。
そもそもお肌の色は、メラニンの量によって決まってきます。
メラニンとは、紫外線からお肌を
守るために生成されているものであり、
紫外線がお肌の深層まで届くのを防いでくれています。
しかし本来紫外線予防の働きを持つメラニンが過剰に生成され、
お肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、
メラニン色素がお肌に残り、しみやくすみの原因となってしまいます。

ですから、美白のためには、普段からできるだけ
紫外線を浴びないようにすることが大切です。
メラニンがすべてお肌に悪いわけではなく、
メラニンが全く生成されないと、
有害な紫外線がお肌の深いところまで届いてしまうことになります。
紫外線を浴びることで生成されたメラニンは、
ターンオーバーによって、
お肌の垢となって剥がれ落ちるのが普通ですが、
これがうまくいかない場合にしみやくすみが生まれるといわれています。
つまり、美白とは、余分なメラニンがない状態のお肌のことをいいます。
普段から食事や生活に注意しながら、美白を心がけることが大切です。