美白の効果を妨げるもの

美白の効果を妨げるもの

美白の効果を妨げるもの

美白の効果を妨げるもの


せっかくお肌によい化粧品を使っていても、
知らない間にその効果を妨げてしまうことも少なくありません。
お手入れ方法を間違うとお肌を傷めてしまったり、
お肌に合っていないと美白のつもりが
逆にくすみやしみを作る原因になる場合もあるようです。
お肌のトラブルは長く続くと
色素沈着を引き起こすこともありますので要注意です。
また、ストレスが溜まっていたり
、睡眠をしっかりとっていないと、
お肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、
本来お肌の表面に上がってきて、
垢となって剥がれ落ちるはずのメラニンがお肌に残ってしまい、
しみやくすみを招くことになります。

また、女性の場合、ホルモンバランスが崩れることで
しみができやすくなったり、肌荒れにつながる場合もあります。
無理なダイエットや、逆の過食も血液の流れが悪くなったり、
脂肪や老廃物を増やすことになりますので、
注意が必要です。血流が悪いと新陳代謝が鈍くなり、
にきびができたり、肌荒れを起すこともあります。
また、なんといっても美白の大敵は紫外線ですので、
1年中UV効果のある日焼け止めクリームを使って、
できるだけ紫外線からお肌を守ってあげるようにしましょう。
万が一紫外線をたくさん浴びてしまった時には、
できるだけビタミン類やミネラル類を多く摂取し、
睡眠をしっかりととるようにするとよいでしょう。